報酬価格

 

 

ホーム 資産配分 株式投資 投資信託 FX外国為替 CX商品先物

はじめに

2008年現在、商品価格の上昇や年金問題の深刻化等老後資金の将来的な安定性が補償され無くなってきていて、裕福な老後を迎えるにはある程度の資金を確保して自己防衛していかなければならない時代になってきています。このような時代の中、いかに余裕資産を有効活用していくか?具体的な資産運用方法を紹介してみたい思います。  

*本サイトは現在及び将来の投資情報を確約するものではありません。投資の際には、十分にリスクの確認と理解の上、最終決定はご自身の判断と責任でなさるようお願い致しす。

資産運用アセットアロケーションを考える ◆アセットアロケーションページにリンクします。

賢いネット証券選択←賢くネット証券選びのページへリンクします。

 

投資方法別詳細

 投資方法別詳細株式投資編・・・株式投資による資産運用・投資信託編・・・投資信託による資産運用・FX(外貨)編・・・FXによる資産運用・CX(商品先物)編・・・CXによる資産運用

海外資産運用編・・・海外投資による資産運用・データ集編・・・株式指数・経済指数などのデータ集

 

 株式投資指標決算分析編・・・企業の成長性や財務健全性を見る上で必要な知識 ◆テクニカル分析編◆・・・買われすぎ、売られすぎを判断する指標 

 

 

株主優待と配当金を貰って配当利回りアップ!

日本の株式市場特有の制度があります。それは株主優待制度です。株主優待は決算期に保有していると企業が配当金の他に株主優待という現物支給といった形で提供される制度です。株主優待を取っている企業と優待無しがあります。勿論株主としては、配当金とは別に優待という形で貰った方が良いに決まっています。主に優待制度を取っている企業は個人の株主の取り込みを狙っています。個人投資家からの支持が有れば安定株主として長期間保有して貰えるというメリットがあります。長期保有してもらえれば資金調達にも困りません。そういった企業側のメリットが有るからです。配当を多くださない代わりに株主還元をしている企業努力です。→人気の株主優待サイトへ                                                                                                              

 

  

ジャパンネット銀行のオンライン外貨トレード  

 

 

inserted by FC2 system