==株式・FX・商品先物(CX)で資産運用  ==

★老後資金の為の年20%資産運用☆

ホーム 株式投資 投資信託 FX外国為替 CX商品先物

米金融危機への軌跡〜経済危機への軌跡

 随時更新中!!

2007年米国でサブプライム問題から始まった金融危機道のりをたどってみたいと思います。

2007年

サブプライム問題発生。

不動産価格の下落から高リスクの住宅債券化による債券価格の下落から住宅ローンの焦げ付きが発生し金融機関の損失が発生し始める。

8/9仏BNPパリバファンド資産凍結。

2008年

1/23 英国政府 ノーザン・ロック救済案を発表

3/16 ベアスターンズ破綻〜JPモルガンが買収へ

9/7 政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディーマック)を政府管理下にと発表

9/14 リーマンブラザーズ破綻。バンクオブアメリカ破綻〜メリルリンチ証券を買収。

9/16 保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) にFRBが最大850億ドルの有担保融資を実施

9/26 ワシントンミューチュアル破綻〜JPモルガンによる買収

9/29 金融安定化法案否決・米ドル資金供給大幅増加でNYダウは過去最大の-777ドル安を記録。

10/3 米金融安定化法案が下院で可決。

ウェルズファーゴとワコビアが合併

10/7 NYダウ平均1000ドル割れ

アイスランド中銀:クローナ相場固定、銀行2位のランズバンキ・イスランズを政府管理下に

10/8:6中銀(米・欧・英・カナダ・スイス・スウェーデン)が協調利下げ。

アイスランド:民間銀行3位グリトニル銀行を公的管理下に。

10/9:アイスランド:民間銀行1位カウプシング銀行が公的管理下に

11/5  大統領選挙でオバマ候補が勝利。

IMFがウクライナ融資(164億ドル)を承認。

11/9:中国:2年で57兆円の景気対策発表

11/15:G20金融サミット開幕。

11/23米国:シティーグループ救済

救済内容:◆同社が保有する高リスク資産3060億ドルに多額の損失が発生した場合、損失の大半を政府が肩代わりする◆前回実施の250億ドルの資本注入に加え、新たに200億ドルの資本注入。

11/25:米FRB 住宅ローン関連証券など合計6000億ドル買取・消費者ローン関連証券向け2000億ドル規模の支援策を発表。

ファニーメイ・フレディマック・ジニーメイ(連邦政府抵当金庫)の保証する住宅ローン担保債券を最大5000億ドル、ファニーメイ・フレディーマック・連邦住宅貸付銀行(FHLB)発行の債券1000億ドル。

11/26:EU:。経済対策に欧州連合(EU)全体で2000億ユーロ規模

12/16:米国:FOMCで政策金利が0〜0.25%を目標とする実質ゼロ金利政策(金利1%からの大幅利下げ)。

12/19:米国:金融安定法案の資金を活用してビックスリー救済へ(GM、クライスラーへ134億ドル)

12/20:カナダ:GM・クライスラーのカナダ法人に40億カナダドルを緊急融資

12/24:米国:米住宅・自動車会社のGMAC(GM子会社の金融機関)の銀行持株会社への移行を承認。

 

 

 

2009年

1/13:NZドル:S&P格付け、ソブリン長期格付け。「AA+」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げ。

1/14:ギリシャ:S&P格付け、ソブリン格付け。長期「A-」短期「A-2」に格下げ。

1/19:スペイン:S&P格付け、長期ソブリン格付け。「AAA」から「AA+」に引き下げ、見通しを「安定的」とした。

1/19:英国:ロイヤル バンク オブ スコットランド株が-66.5%と大幅下落280億ポンドの損失により。

1/20:米国:第44代米国オバマ大統領就任

  :英国:ポンド安が止まらず。

1/21:ポルトガル:長期ソブリン格付け。「AA-」から「A+」へ格下げ。

2/4:ロシア:フィッチ。「BBB+」から「BBB」に格下げ。

2/18:米国:住宅対策発表−最大2750億ドルの住宅市場安定策900世帯の差し押さえ回避支援

3/26:米国:金融規制強化策を発表。

3/20:米国:ビックスリー、GM・クライスラーが条件付きで公的資金注入けれど、未だに破綻リスク残る

4/2:G20開催:1兆ドル規模の金融対策を合意。

  :米国:時価会計の基準を緩和へ。

6/1:米国:GMチャプター11申請へ事実上の破綻。

5/22:イギリス;S&P、英国債長期格付け中期見通しを安定的からネガティブに引き下げ(トリプルAは維持)。

7/22:米国;商業金融金融機関CIT破綻30億ドルの融資受け回避へ。

11/1:米国;ノンバンク大手のCITグループがチャプター11申請、米国史上5番目の大きさの破綻へ。

 

Copyright(c) 株式・FX・商品先物(CX)で資産運用, Inc. All rights reserved.

inserted by FC2 system